新たな一年を迎え、今年一年の計画や目標、新年を迎えての意気込みを誓われた方も多い事でしょう。「一年の計(けい)は元旦にあり」という言葉があります。出典は、中国の明(みん)という時代に憑慶京(ひょうおうきょう)という学者さんが著された、『月令広義(げつれいこうぎ)』という書物に依ります。その中に、「一日(いちじつ)の計(けい)は晨(あした)にあり、一年の計は春にあり。」という一文が記載されています。「晨」は「あした」と読み、「朝」の事を指します。「春」は「正月」の事を指します。全体として、「一日の始まりである朝や、一年の初めである正月に計画を立てるべきである。」という意味になり、一日の過ごし方や一年通しての生活を充実させ、無益な日々を送らない様にという戒めの言葉になります。

この言葉には続きがあります。「一生の計は勤(つとめ)にあり、一家の計は身にあり。」勤勉に働く事で一生が決まります。健康でいる事で一家の行く末が決まります。簡単にまとめると、何か始める時にはきちんと計画を立てて無駄に過ごさず、健康に留意し、真面目に順序良く計画を進めていけば成功するという事になります。