今月の言葉は、「浄土宗21世紀劈頭宣言」に一節です。浄土宗では2001年元日、世界の諸問題を解決する出発点、そして今後百年の指標として「浄土宗21世紀劈頭宣言」を世界に向けて発信しました。“法然上人の心を世界へ”と題し、

「愚者の自覚を 家庭にみ佛の光を 社会に慈しみの光を 世界に共生を」

(己を省みて 己の至らなさを知ろう。あたたかい家庭を築こう。優しさに満ちた世界を築こう。共に生きる平和な世界を築こう。)の四句を掲げました。

これは20世紀を反省し、21世紀が人々にとって少しでも良い世紀になるよう願いを込めて訴えたものです。

科学技術の飛躍的な進歩、乗り物や電化製品、そして住居など、100年前には想像もできなかったことです。また、合理的で無駄を排する考え方。これらは人間の生活や文化の領域を拡大し、私たちの暮らしは便利に、そして豊かになりました。

しかし、一方で恐るべき核兵器の開発、国家や民族間の対立、環境破壊、人間の欲望の肥大、家庭の崩壊、道徳や教育の荒廃など負の遺産もまた生じました。そして今日では、これに加えて貧富の格差が生じているとともに、人心はますます荒廃し、親の子殺し、子の親殺しなど凶悪犯罪も増えています。

こうした時代観、人間観は、まさに法然上人が生きられた平安時代末期から鎌倉時代前期とよく似ています。源平の合戦、天災地変、飢饉など、鴨長明の『方丈記』に見るように、人々はまさに救いのない地獄の様相の中で生きていました。

法然上人は、そうした中で煩悩にとらわれた人間の哀しみを見つめ、「智者のふるまいをせず 唯一向に念仏すべし」という境地にたどり着かれお念仏による救いを見出されました。「智慧第一」と言われた上人が、内省に内省を重ね、まだまだいたらない自分自身を発見したのです。この人間観こそ、そして、この気づきこそ21世紀の諸問題を解決する出発点であるのです。

私たちは、法然上人が説かれた「愚者の自覚」に立ち返って、平和、環境、倫理、教育、人権、福祉などの諸問題を、自分自身の問題として考え、取り組みましょう、というのがこの劈頭宣言の意味するところです。