先日本屋さんに入り文庫本を見ていると「虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の軌跡」(幻冬舎)出合いました。

その中に今月の言葉が掲載されています。

『人間の究極の幸せは、愛されること、褒められること、役に立つこと、人に必要とされることの4つです。

働くとは、人と人のつながりの間でなすこと。つながりの中で、相手の役に立てたとか喜んでもらえたとかいう実感がきっと、その人の幸せになるのだろうし、成長の源になるのだろう。そのことを今、多くの人が忘れてしまっていることを、きちんと考えたほうがいい。(虹色のチョーク文中敬称略)